LINEで送る

インプラントと食事の関係

歯の模型

インプラント治療では、人工歯根を埋め込んだ後に顎の骨と人工歯根がしっかり固定されるのを待つ必要があります。患者の顎の骨や治療を行った本数などにより期間は変わりますが、一般的に3ヶ月から6ヶ月程度かかります。その間は生活や食事に影響を及ぼさないよう、仮歯を入れることがあります。インプラント治療で用いられる仮歯は、見た目や歯の機能を補うだけでなく、治療を行った部位と噛み合う歯や隣の歯が移動してしまうのを防ぐためにも効果的です。他にも歯茎や顎の状態を安定させて整えるためにも用いられます。仮歯の装着後は、見た目や食事、会話や歯磨きなどを問題なく行えるか通常の生活のなかで確認し、もしも違和感が生じたり問題が発生した場合は、歯科医師に相談して適切な形状に整えましょう。食事をよく噛めないと、胃腸に負担をかけることもあります。インプラント治療中の仮歯は、通常の歯科治療で使われる材料とは異なり、治療経過に合わせて形状を修正できるようプラスチックで作られています。すり減りやすい材質ですので、仮歯のままインプラント治療を中断してしまうと嚙み合わせに影響を及ぼす場合があります。途中で治療を一時的に中断する必要がある場合、必ず歯科で相談を行いましょう。

 

↑PAGE TOP